防犯カメラとは

賃貸物件で注目される防犯カメラ

従来は、防犯カメラと言えば金融機関や貴金属店など一部の特殊な店舗に設置が限られていました。しかし、次第に一般家屋でも防犯カメラが設置されるようになり、賃貸住宅でも防犯カメラを付ける物件は珍しくありません。主に、建物の裏側や駐車場など、居住者のプライバシーを侵害しない場所を選んで設置している物件が多いでしょう。一人暮らしの女性や高齢者などは、防犯カメラがある賃貸住宅に住んでいれば安心です。防犯カメラが設置された住宅は、空き巣犯に避けられる傾向があると言われているからです。

エントランスに宅配ボックスを備えた賃貸住宅では、盗難防止のため防犯カメラを設置する所が増えています。エントランスに防犯カメラがあると、押し売りや勧誘目的の部外者も入りにくくなるでしょう。

防犯カメラの限界と注意点

防犯カメラは、セキュリティ対策として極めて有効ですが、万能とは言えないので注意しましょう。防犯カメラの網羅する範囲は限られており、どうしても死角が生ずるものです。プロの空き巣犯が、こうした死角を上手く利用して侵入するケースもあり、油断は禁物なのです。特に、1階の居住者は、防犯カメラがあるからといって安心せず、窓や扉のロックを忘れないようにしましょう。また、防犯カメラが設置されていると思って入居したら、ダミーカメラだったという事例もあります。契約時に防犯カメラの種類について確認することが必要です。

多くの物件では居住者のプライバシーを配慮して防犯カメラを設置しているものの、場合によっては一部の居室の窓やベランダの洗濯物などが映り込んでしまうこともあるので、カメラの撮影範囲もチェックしましょう。