防犯カメラ

防犯カメラは、犯罪の抑止につながる賃貸設備といっても過言ではありません。ここでは、防犯カメラとは何か、メリットやデメリットなどをお伝えしていきます。ぜひともご自分に合った部屋探しの参考にしてください。

防犯カメラとは

従来は、防犯カメラと言えば金融機関や貴金属店など一部の特殊な店舗に設置が限られていました。しかし、次第に一般家屋でも防犯カメラが設置されるようになり、賃貸住宅でも防犯カメラを付ける物件は珍しくあり…

防犯カメラのメリット

賃貸物件を探す際、安全な生活を送るために防犯設備があるかどうかチェックする人は少なくありません。数ある防犯設備の中でも防犯カメラを希望する方は多いことでしょう。防犯カメラの最大のメリットは、監視し…

防犯カメラのデメリット

賃貸物件には、オートロックやモニター付きインターホンなど、セキュリティ関係の設備が充実したものが多いです。窓や扉に警報装置を付けて、いざとなれば警備員が駆けつける警備会社と提携している物件も少なく…

オートロック

マンションなどの物件の入り口に設置されているオートロックも優れた防犯設備といえるでしょう。ここでは、オートロックの情報について詳しくお伝えしていきます。皆さんが物件を選ぶ際には、ぜひ参考にしてみてください。

オートロックとは

賃借人の要望に応えるため、セキュリティ強化を図る賃貸物件が増えています。警備会社と提携している賃貸住宅なら、窓や扉に設置された動体探知機が作動すると警備員が駆けつけてくれます。こうした設備を備えた…

オートロックのメリット

オートロック設備のあるマンションやアパートには、住居人や管理人といった限られた人間しか入る事が出来ません。エントランスのドアを開錠するためには暗証番号を入力するかカギを使う必要があります。これによ…

オートロックのデメリット

家賃の相場が高くなる

エントランスはアパートやマンションの共有部分であり、設備投資の費用は建物のオーナーが負担する事になります。建物へ投資した分の費用は家賃収入で回収するというのが一般的なので、オートロックが付いているだけでも物件の家賃相場が高くなる傾向があるので注意が必要です。また、オートロック付きの物件は比較的新しいものが多く、築浅という理由から家賃が高めに設定されている事も珍しくありません。オートロック付きのエントランスは鉄骨造・鉄筋コンクリート造に設けられているのが一般的であり、建築コストがかかるので必然的に家賃も高くなります。オートロックが付いているという事実以外にも、こういった事情がいくつも絡み合っているのです。

宅配・郵便の受け取りに手間が増える

オートロックのエントランスは原則としてその建物の居住者・オーナー・管理人などしか空ける事は出来ません。開錠方法は物理的なカギによるものや、暗証番号の入力といったものが一般的です。オートロック付きの建物で宅急便・郵便の配達員が入れるのはエントランスまでとなります。そのため、一度オートロックのインターホンを鳴らしてもらった際に住居人がリモート操作でエントランスを開錠する必要があるのです。その後玄関で直接荷物のやり取りを行うので、セキュリティ性が高い一方でこうした対応が二度手間になってしまいます。また、郵便物や新聞が投函される集合ポストはエントランス部分に設置されている場合がほとんどなので、自分で取りに行くにも一旦オートロックを通過する手間がかかるので留意しましょう。